カウンセリング

人気の高い脂肪吸引施術|治療方法を詳しく解説

  1. ホーム
  2. レーザーや超音波を使う

レーザーや超音波を使う

注射

脂肪吸引には、いくつかの方法があります。注射器を使ってする脂肪吸引は、シリンジ法と呼ばれます。注射器のことをシリンジというので、この名前がつきました。これは医師が自分の手を使って行う方法で微妙な調整が可能です。費用は10万円から30万円程度です。レーザーを使う脂肪吸引の方法もあります。この方法を使うと、自然に脂肪を吸い出すことができます。レーザーを当てながら、管を挿入して脂肪を吸い取ります。この方法は、脂肪の少ない部分に向いています。費用は脂肪の大きさによって異なります。10万円から30万円程度が一般的です。管を入れてそこから水を噴射し、脂肪を吸引する方法があります。この脂肪吸引の方法は、ボディジェット法と呼ばれます。水流を噴射することで、脂肪がまわりの組織からスムーズにはがれます。この方法を使えば、まわりの組織を傷めないメリットがあります。手術後の痛みを感じることも少ないです。むくみや腫れが起こることもあまりありません。術後の回復が早いという特長があります。この方法の費用はやや高額で、20万円以上になることが多いです。費用は病院ごとに多少の違いがあり、また施術する部位によっても費用が異なります。特に高くなるのは、ふくらはぎや足首です。この方法を使って、体全体の脂肪吸引をすることもできます。超音波を使って脂肪を吸引する方法が行われることもあり、この方法は「超音波吸引法」と呼ばれます。使われる超音波は、ベイザー波と呼ばれます。ベイザー波を皮下脂肪にあてて、それを液状にして溶かします。この方法は最近よく使われるようになりました。他の方法にくらべて、除去できる脂肪の量が多いと言われています。自分の脂肪を取りたい部分に集中してあてることが可能となっており、そのため血管や皮膚を傷めることがありません。また、手術の時間が短いというメリットもあり、術後の回復も早いです。この方法も費用は高めになっているので予め確認しておくと良いでしょう。一番安いところで20万円前後、高いところになると40万円を超えることがあります。クリスクロス法と呼ばれる方法もあります。この方法では、小さな切り口を複数開けます。この点が他の方法と大きく異なっています。複数開けることで、確実に脂肪を除去できるようになります。他の方法だと一つしか開けないことがあり、脂肪が残ってしまうことがありました。複数開けるといっても、小さな穴なので痛みはほとんどありません。脂肪を取り除く部分の凹凸を減らせるメリットがあります。