安心安全の施術法 脂肪吸引で楽に痩せよう

人気の高い脂肪吸引施術|治療方法を詳しく解説

依頼先選びのポイント

医師

最新の医療設備など、脂肪吸引を受ける時は、新しい治療方法を導入しているクリニックを探しましょう。そして、カウンセリングをきちんと行ってくれ、豊富な経験を持ち、新技術も習得している医師やクリニックを選ぶのがポイントです。

レーザーや超音波を使う

注射

脂肪吸引にはいろいろな方法があります。特に使われているのはレーザーや超音波を使って、脂肪を取り除く方法です。他には医師が自分の手を使うものや、皮膚を複数個所切開するものがあります。どの施術でも費用は10万円以上になります。

拘縮を防止する

女の人

脂肪吸引をした後はアフターケアをすることが肝要です。アフターケアをしないと拘縮という皮膚の硬化が数ヶ月続くことがあるからです。機械によるケアと、マッサージや圧迫固定などのセルフケアがありますが、機械を使った方が効果が高いです。

小顔効果がある

カウンセリング

頬の脂肪吸引を受けると小顔になる効果があります。フェイスラインがシャープになることや、たるみ予防にもなります。耳の後ろを切開してそこから脂肪吸引します。3ヵ月後に効果が全面的に出ます。費用の相場は80000円から400000円程度です。

脂肪細胞を減らすには

女の人

施術の方法と手順

脂肪細胞を減らすためには、脂肪吸引が非常に有効です。痩せたい部分だけを局部的にスリムアップすることが可能で、物理的に太る原因を無くすため、リバウンドはほとんど避けられます。通常ダイエットしても減らせない部位を狙って処理することで、全体的に印象を変えるサイズダウンに成功出来るでしょう。脂肪吸引と聞くと身体への負担や危険性を心配する人も多いですが、実績を持つクリニックで正しいアプローチをすれば安全で効果的な施術です。方法には種類があり、それぞれ手順が異なりますが、部位ごとに使い分けることでより効果的な施術が可能となります。脂肪吸引の方法は非常に多く、クリニックによって採用されているものが違いますが、最近の主流はチューメセント法や超音波法などでしょう。チューメセント法は、事前に止血や鎮痛のための薬剤や脂肪を柔らかくする溶液を注入し、脂肪吸引しやすい状況にしてから吸い出す方法です。超音波法には体内からのアプローチと体外からのアプローチがあり、体内式ではカニューレという脂肪吸引をする細い管自体が超音波を発するものも開発されています。体外式の場合は皮膚表面から超音波を照射し、脂肪細胞を柔らかくした後でカニューレを挿入して吸引します。施術を希望する場合は、まず施術が可能かどうかを事前にしっかり確認する必要がありますので、十分なカウンセリングと事前検査を行います。事前検査では血液検査、レントゲン検査などを行い、当日は問診の他、血圧の測定や脈拍検査なども行われます。条件によっては前日までの食事の制限や投薬の制限などもありますので、しっかりと準備を整え、体調を管理しておく必要があります。具体的な施術の手順の詳細はクリニックによっても異なりますが、基本的には施術を行う部位にマーキングし、適切に麻酔を行ってから脂肪にカニューレを挿入することになります。カニューレにも様々な種類がありますが、脂肪吸引したい部位に目立たないよう数ミリの穴をあけ、中に挿入して脂肪を吸い出します。麻酔の強さによっては入院を必要とする場合もありますが、術後は施術部位をバンテージなどで強く圧迫し、しばらく休んでから帰宅することが可能です。ただし、脂肪吸引は肉体的に負担の大きい施術ですし、術後しばらくはしっかりとした圧迫固定と十分な回復期間を設ける必要があります。当然ながら定期的な検診が必要ですし、通院によるチェックと適切なアフターケアが必須となることも忘れてはいけません。